長年アトピーに悩まされている方へ漢方のチカラで、おなかの中からお肌をキレイにしませんか?

諦めていた症状が・・・

治療開始から約3か月で、見違えるほどキレイに(Aさん26歳) 痛々しい炎症が、こんなにキレイに!(いろはちゃん5歳)

アトピー患者さまの喜びの声

アトピー患者さまの喜びの声

どうしてアトピーはよくならないの?

はじめまして、フジイ薬局門井店・店主で薬剤師の平岡進吾と申します。

「長年アトピー治療をしてきたけど、いっこうに良くならない・・・」
「かゆくて夜眠れないことが、何よりつらい・・・」
「自分に自信が持てず、なにかと消極的になってしまう・・・」
「アトピーであること自体が、大きなストレスになっている・・・」
「ステロイドをやめたいけど、リバウンドが怖くて手放せない・・・」
「一生キレイな肌にはなれないのかもしれない・・・」

アトピー患者さんの多くが、たくさんの悩みを抱えていらっしゃいます。

日頃からつらい痒みに悩まされるだけでなく、夜眠れないために疲れが溜まり、仕事や勉強に悪影響が出たり、炎症が目に見えて分かるので、周囲からの目を気にして自信を失ってしまったり・・・

1人でずっとアトピーと闘ってきたけど、もう限界。諦めるしかないの?
そんな方に、ぜひ頼っていただきたいのです。

メールでのお問い合わせはこちら

最新情報

店舗情報

フジイ薬局 門井店

創業40年 漢方相談専門店
フジイ薬局 門井店


〒361-0044
埼玉県行田市門井町3-2-39

・高崎線JR行田駅より徒歩20分
・駐車場4台有り
・クレジット可


フリーダイヤル 0120-143-144
(営業時間:月曜~土曜の9時~19時/定休日:日曜祝日)

「もう治らない」と諦めていませんか?

長年アトピーと付き合ってこられた方の中には、病院でのステロイドの処方や食事療法など様々な方法を既に試してきたけど、結局治らなかった・・・と失望している方も多いかと思います。

ステロイドを使い続けることのリスクを知りながらもリバウンドが怖くてやめられずにいる方、自己流で辞めてみたけど上手く行かず、かえって症状が悪化してしまった方など、今使っている「薬」を手放すことに抵抗があるのも当然だと思います。

確かに、急激な変化を求めるとカラダが過剰に反応してしまうということはあり得ます。

でも、適切なカウンセリングを元に少しずつ体内環境を変えていけば、どんなに重いアトピーでも症状を抑えるだけでなく、最終的には治せるのです。

アトピーを「治す」ことではなく、「今ある症状を抑える」ことに気が
いっていませんか?
また、ステロイドをやめることがゴールだと思っている方も。

アトピーが治れば、ステロイドもやめられます。
キレイなお肌になるためには、順を追ってアトピーを克服していく必要があるのです。

“自己流”脱ステロイドの恐さ

自己流でステロイドをやめるのは、あまりに辛すぎます。

アトピー克服のための3ステップ

step1 かゆみを取る まずはかゆみを取ることをメインにします。かゆみがなくなると、夜もぐっすり眠れますし、掻き崩して症状の悪化を招く心配がなくなります。

step2 体の中をキレイにする かゆみが楽になったら、体の中を改善していきましょう。食事を変えて、生活スタイルも変えます。体質改善をメインにし、ステロイドに依存しない生活を目指していきます。

step3 腸内環境を整え、再発防止に努める 腸を良い状態にすることで、アトピーをはじめ様々なアレルギーの原因となる刺激への過剰反応を起きにくくします。

たとえば(事例)

事例1 深部を温めて、すっかりキレイに!

BeforeAfter写真30代女性の方です。当店にいらっしゃる前は病院でステロイドを中心に治療されていました。患部は、手と顔。

痛々しいです…。顔にも出てきているのでご本人は不安でしょうがなかったでしょう。この方は、細見の方で冷えが強い方です。

よく病院では「冷やしなさい!」「お風呂は入るのやめなさい!」「夏はクーラーを使って」・・・と“患部を冷やす”ということが中心になりますが、それは、根本治療になりません。“応急処置”です。

この場合、表面の熱をとり体の深部は温めることをしなくてはいけません。一見、矛盾した治療法です。アトピーの場合、温めるとかゆみがでます。

そして、治療を進めていくことで、すっかりきれいになりました♪ここからは、冷えをとることが一番大事で、代謝が上がれば上がるほどアレルギーがでなくなります。

事例2 お薬では抑えられない程悪化したアトピーが、半年でスッキリ。

19才の男性。生まれたときから発症され、使用薬はパンデル(ベリーストロング)、ロコイド(ミディアム)でした。

当店にいらした時はもうお薬では抑えられない状態でかゆみも強く、炎症が強かったですね。患部は、顔・首の後ろ、腕などの上半身。

この方は、典型的な熱性のアトピーです。熱を取る漢方薬2種類と、解毒を高める酵素などを中心に熱をとりながら、食事をかえ、体にたまった毒素を解毒してもらいました。こういうタイプは、改善が早いです。冷性のアトピーと違い体はしっかりしていますから。

お薬を飲み始めてからすぐかゆみも楽になり、大きなリバウンドもなく、2~3か月でステロイドも外れました。

わずか6か月で炎症・かゆみは、ほとんどなくなりキレイになりました。ご本人が、食事をめちゃくちゃ頑張ってくれた分、治りも早かったです!

BeforeAfter写真

事例3 痛々しい炎症が治まり、お母様もひと安心。

昨年12月にアトピーでご相談をうけた男の子。リバウンド状態でした。痛々しくて、かわいそうです。

この子の場合は、水が多すぎですね。むくみも強く解毒機能の低下が大きいです。
漢方薬で、汗をかけるようにし、解毒を強化しました。

4ヶ月後にはだいぶスッキリしました。お顔もかなりキレイになり、足もだいぶ落ち着いてきました。ステロイドも離れましたね。

お子様は、薬が飲めるかどうかが一番苦労するところです。お母様もがんばりましたよね!
ここまで来ると荒れることはないと思います。あともう少しですね!

BeforeAfter写真

店主・平岡進吾の想い 正しく向き合えば、“アトピーは治るもの”だから…

日本国民の約1割がアトピー性皮膚炎であると考えられています。でも、その実態の詳細は明らかになっていません。

生後まもなくや幼少期に発症した方の中には、大人になるうちに自然と治まってしまう方もいる一方で、長年通院しても症状が良くならないため、
治療を諦めてしまう方も大勢いらっしゃいます。

自分は一生、アトピーと付き合い続けなければいけない。
自分は一生、ステロイドを手放すことができない。
もし薬が効かなくなったら、この先どうすればいいのだろう・・・

こんな辛い思いを抱えている方が、たくさんいらっしゃいます。
でも、漢方の専門家として、これだけは言わせてください。

「アトピーをあきらめないでください」

もちろん個人差はあります。ですが、症状が治まるまではだいたい半年~1年ぐらい。その後2~3年かけてじっくり体質を改善していくと、時間は かかりますが必ず改善します。再発も防ぐことが可能です。

もしもあなたが・・・
つらい痒みで眠れない夜を過ごしていたり、
ツルツル・すべすべのお肌になれないことを悲観していたり、
「アトピーだから」という理由で、就職・結婚・対人関係などに悩んでいるなら。

大切なお子様について・・・
「痛々しくて可哀そう」「将来どうなるんだろう」と、不安な気持ちでいるなら。


まずは一度、漢方相談をしてみませんか?
アトピーにも様々な種類があり、その治し方も千差万別です。

初回カウンセリングには1~2時間かかりますが、お一人ずつ親身になって最適な治療法を探してまいります。
私、平岡進吾にどうぞお任せください。

普通の町のくすり屋さんと何が違うの?

フジイ薬局の「アトピー相談」は、患者さま1人ひとりとじっくり向き合います。
だから、ご自分に一番合った処方が見つかり確実に治せます。

違い1 充実のカウンセリング内容

違い2 体の中からキレイにしていきます

違い3 ライフスタイルやご予算に合わせた方針づくり

アトピー相談の流れ

step1 来店のご予約

お電話もしくはメールにて、来店のご予約をお願いします。
初回のカウンセリングは1~2時間を予定しています。

電話   0120-143-144(9~19時営業・祝・日曜休み)
メール 【 fujiiyakkyoku-kadoi@kind.ocn.ne.jp

step2 初回カウンセリング

まずはお話を聞かせて頂きます。
なぜ今回ご相談しようと思ったのか?
発症時から現在までの症状
今まで使ってきた/現在使っているお薬
ライフスタイル
などを聞かせていただきます。ご相談の際には、必ずご本人さまがお越しください。未成年の場合は、ご両親も同伴してくださいませ。

服用されているお薬や、健康食品等がありましたらお持ちください。お使いのスキンケア商品などもお持ちいただくと、より詳しいお話ができます。

特にステロイド・プロトピックなどの軟膏を使われている方は、もし可能でしたら、ご相談の当日、その当日の前夜はお薬を塗らないで、ご来店できるとうれしいです。まれにですが、完全に症状が隠れてしまい正しいお薬選びができないことがございます。ただ、1回軟膏を塗らないだけでもかなりリバウンドしてしまう方もいらっしゃると思いますので、無理にではありません。もし可能でしたら。当日だけでも構いません。

また、ご予約し来院いただいた日はたまたま調子がよかった、とか、お薬を塗っていたら表面上は症状が隠れた・・・
という方もいらっしゃるかと思いますので、予約日までお日にちがある方は、症状がひどくなった時に写真を撮ってご持参いただけると助かります。また、以前症状がひどかった時の写真もあると、とても参考になります。

step3 機器を使っての測定

あなた様の体重、代謝、血流、体質などを測定させて頂き、
今のあなたの体のどこに問題があるのかを推測・特定し、
アトピーを克服するためにどういった体質改善を目指せばいいのか分析していきます。

step4 どうしたらアトピーが改善するのか…を伝授

カウンセリング内容や機器のデータを元に、
「アトピー症状の原因と考えられるもの」を探り、
どうすればアトピーに打ち勝つ心と体を手に入れられるのかをご説明します。
また、過去の症例などから今後の治療の見通しなどもお話します。

step5 ご要望・目標の設定

カウンセリングやデータを元に、目標やご要望を決めて頂きます。
あなた様にあったオリジナルの体質改善メニューをご提案させていただきます。
そして、使わせて頂く漢方薬の飲み方もココでしっかりとご説明します。

step6 検討&ご予算の提示

まずは、ご提案させて頂いたメニューが、あなた様にとって無理のない、 ご要望にあったメニューなのか、ご検討ください。そして、最後にご予算を提示します。
1ヶ月いくらぐらいになるのか、明確にご提示させて頂きます。月に2~5万円になるケースが多いです。

やるかどうかは、すぐに決めなくても大丈夫です。一度、お帰り頂き、ゆっくりご検討してきて頂いても大丈夫です!ご相談は料金も一切かかりません。ご安心くださいね。

step7 アトピー治療スタート!そして、次回のご予約

もし、メニュー・ご予算ともに大丈夫なようでしたら、使わせて頂く漢方薬のお支払を頂き、次回のご予約を頂きます。次回ご来店は、2週間~1ヶ月後になります。

次回までにやって頂くことは、
(1)作ったメニューをとりあえずやってみて頂くこと。 
(2)食事を改善してみること

・・・の2点のみです。

step8 アトピー治療スタート!そして、次回のご予約

症状の状態を見せて頂き、次にできることを、再度アドバイスしていきます。
現在のお肌の状態や症状の経過を見ていくと、今後どのように治療を進めればよいのかがどんどん明確になっていきます。
無理のない範囲で継続可能な治療を行うことで、ステロイド使わなくても大丈夫な状態になれるようにしていきます。
・・・の2点のみです。

当店のアトピー相談は、“激しいリバウンドと戦ってつらい思いをする”我慢ばかりの治療ではなく、「かゆみを取り、体質を変えて、薬から離れる。
そして、「緩やかに、でも確実に完治する」ことを目指しています。

つらい治療の結果途中で挫折したり、かえって心を病むようでは、症状を一時的に抑えることはできてもアトピーを完全に克服することはできません。
体の中はもちろん、心まで健康になることで初めて、アトピーを治すことができると思っています。

よくある質問にお答えします。

これは、アトピーですか?
病院で「アトピー」という診断を受けていても、その種類はさまざまです。例えば、ウイルスや細菌などが起こしているアトピーや、アレルギーがメイ ンのアトピーなど。また、タムシ。白癬菌という細菌の皮膚病なのにもかかわらず、「アトピー」とされていたケースも。これらは治し方が全部違うんです。病院に行くと、ほぼ全部『アトピーです』 と言われ、ステロイド軟膏を出されて終わり・・・ということもあります。

病院にいって診断されれば「アトピー」になるでしょう。でも、実際は治し方が違うし、ウィルスや細菌が起こしているタイプのアトピーやタムシでは、ステロイド使うと悪化します。「アトピー」と診断されているけれど、実際はどうなんだろう…と、もしご心配なら一度ご相談にいらしてください。
体を冷やすべきですか?温めるべきですか?
皮膚に熱感が強く、かゆみも強いという時は、皮膚の下の血管が膨張しています。赤く腫れているのが見えている場合も。そんな時は冷やすことで血管が収縮し、かゆみも熱感も楽になります。結構医療機関の指導で、湯船に入るな!クーラーで温度を調節しろ!厚着をさせるな!という指導を受けていらっしゃる方が多いです。

が、問題は「いつまでそれをやっているのか?」です。体、皮膚を冷やしてかゆみを抑えるのは、あくまでも“応急処置”。それをずーっとやっていたら、今度は体の代謝がどんどん下がり、体の異物を外に出そう!という働きがなくなります。その皮膚、血色なく皮膚の栄養もないから乾燥が強く、ガサガサしていませんか?

炎症が取れたら温泉やお風呂でマッサージして血行を良くしませんか? アトピーの根本治療は、自分自身の体で、異物を排泄できるような体にすること!です。半身浴などで体を温めるとかゆみが強くなるため、温め方の具合が難しいです。相談しながらやっていきましょう。
脱ステロイド、脱保湿を自分で行いましたが、経過が悪く悩んでいます…
脱ステして、脱保湿して、リバウンドしてとにかく耐える。なにもせずとにかくひたすら皮膚の回復を待つ…というのは、かなりツライ方法です。理論 は、たしかに正論かもしれませんが、誰に対しても脱ステロイドや脱保湿をやればアトピーが治る!というのは、また違う話。順を追って治療をして、皮膚の機能が正常化してからやらないと、ツラいです。

泳げない子をいきなり渦潮の海に泳がせるような無理をするのではなく、少しずつ状態を変えていき、無理のない状態になってから脱ステや脱保湿をすべきだと思っています。自分の進むべき方向に迷われているようでしたら、一度ぜひご相談ください。
食べ物で、気を付けるべきなものはありますか?
吸収が悪く、胃腸を痛めやすい食べ物ご存じですか?白砂糖、植物油(人工油)、乳製品や肉。この3つです。この3つをふんだんに使った料理は、ケ ーキ、パン、すき焼き、洋菓子などです。植物油はできるだけマーガリンは避け、サラダ油やコーン油ではなく、ゴマ油やオリーブ油を使用するといいと思います。

また、小麦もできるだけ避けて欲しい食品のひとつです。腸の粘膜を攻撃し、アレルギーを悪化させてしまう、血糖値を急激に上げることによるインシュリンを増加させる、遺伝子操作、農薬の問題により、アレルギー・内分泌系を乱す可能性が高い…などなど。アレルギーが強いうちは、なるべく小麦粉製品は避けた方が無難です。特に、パン、ケーキ、クッキー、ホットケーキは、小麦以外にも、砂糖・油が多いです。また、お好み焼き、カレーのルー、インスタント食品、スナック菓子も同じですね。

特に子供のアトピーは、小麦粉・乳製品・砂糖、この3つを控えるだけでも、かゆみが止まることも多いです。
アトピーにお酒はよくないですか?
良いか悪いかで言ったら、良くないです。が!好きなお酒をやめてストレスが増える方がもっと悪いです。お酒を飲むと、血流が良くなるので、かゆ みが増します。それを覚悟で飲むのなら良いと思います。ただ、お酒は選んでくださいね!添加物の少ない、本来のお酒を飲みましょう!

ビールがお好きな方には瓶ビールがおススメです。これは缶の影響です。アルミが悪いわけじゃなく、缶の内側をコーティングしてあるフェノール樹脂の影響です。また、今たくさんある糖質ゼロ、カロリーゼロなどのビールや発泡酒より、キリンビール、サッポロなど、もともとあるビールがおススメです。

あと、気を付けたいのが、お酒ではなく、“おつまみ”です。 新鮮なお魚、お肉、お野菜、なら良いですが、冷凍食品、インスタント、スナック菓子などは、良くありません。『お酒がダメ!』ではなく、その飲み方や、選び方が大事でしょう。

最後に アトピー治療に疲れ切ってしまった方へ

「アトピーは、一時的に症状が治まることがあっても、治ることはない・・・」
そう思っている方がとても多いように感じます。

「腸を整えることでアトピーが治るなんて信じられない!」
そんな声もよく耳にします。

治療を半ば諦めてしまうほど、今まで長い間、辛い思いをされてきたのだと思います。
私は、そんな患者さまの想いと現実を変えていきたい…と強く願っています。


病院での先の見えない治療に疲れてしまった方、自己流で解決しようと試みてみたけどうまく行かないという方、もし今の薬が効かなくなったら…と将来が不安な方。

一度ご相談にいらしてみませんか?

ちいさな町のくすり屋さんだからこそ、できることがあります。
たった5分でも、2時間、3時間でも構いません。
お気持ちが晴れるまで。納得できるまで。お話ししてみませんか?


お問い合わせを心よりお待ちしております。

「ホームページを見て…」とお気軽にお問い合わせください フリーダイヤル 0120-143-144 (営業時間:月曜~土曜の9時~19時 定休日/日曜祝日)

メールでのお問い合わせはこちら

▲ページTOPへ